労働についてのお悩みと当事務所による対応

労働についてのお悩み

滋賀労働局がウェブサイトで公表している「令和元年度個別労働紛争解決制度の施行状況」によりますと、2019年度の民事上の個別労働紛争相談件数は3250件となっております。
2018年度の3375件から減少しているものの、解雇に関連する相談件数は277件で前年より約20%増加しているようです。
「不当解雇に当たるのではないか」と思って相談される方が増えているのではないかと思います。

当事務所による対応

当事務所では、主に懲戒解雇等の解雇お金(残業代、退職金等)についてのお悩みに対応しております。

弁護士になる前に会社員をしており、2011年に弁護士になって1年目から、多数の労働問題に関わってきました。

これまでの経験を活かして、滋賀県の皆様の労働(仕事)についてのお悩みを解決していきたいと考えております。

お話をじっくりお伺いした上で、お悩み解決のために取りうる方法(紛争調整委員会によるあっせん、示談交渉、労働審判、民事訴訟等)、それぞれのメリット・デメリットをご説明し、最適な方法を提案したいと思っております。

当事務所の特徴

初回相談料は1時間まで無料

②大津労働基準監督署や滋賀労働局のある滋賀労働総合庁舎から約1km(徒歩11分)

③「アテラ」が利用可能
アテラといいますのは、トラブル発生後でも契約できる弁護士費用提供サービスです。詳しくはこちらをご覧ください。

④受付時間外(夜間・休日)のご相談に柔軟な対応が可能

 

弁護士費用の目安

・通常、ご依頼時に着手金実費(印紙代,郵便切手代,交通費等)をお支払頂き、終了時に結果の成功の程度に応じて報酬金をお支払頂いております。

・滋賀県外の裁判所に行く場合等で拘束時間が長い場合には、日当を頂くこともございます。

・着手金と報酬金は、経済的利益の額等を考慮して決めさせて頂きますが、着手金の最低金額は以下のように決めさせて頂いております。
示談交渉の着手金11万円(税込)
労働審判の着手金16万5000円(税込)
民事訴訟着手金:22万円(税込)