ウェブサイトに過去の解決事例を書いていない理由

滋賀の弁護士の安田です。

私が弁護士への依頼を検討する立場であれば、弁護士の過去の解決事例は気になると思います。
インターネットで検索して、相談する弁護士の過去の解決事例を調べようとすると思います。

ですが当事務所のウェブサイトでは過去の解決事例を書いておりません。

私は8年目の弁護士であり過去に解決した事例は多数ございます。

インターネットで検索して、私が過去に関わった事例として表示されるのは、1件だけだと思います(2020年5月7日現在)。

ご依頼をご検討される方々の中には、ご自身の案件によく似た解決事例を書いている事務所に依頼したいと思われる方がいらっしゃるとは思います。
もちろん、匿名化・抽象化して守秘義務に反しないようにした場合等には、書いても問題ないと解釈されているようです。

しかし、匿名化・抽象化されていても依頼者の方々はご自身の案件について、
世界中の誰でも見ることができるウェブサイトに書かれることを望んでおられないのではないかと思っております。
ですので、現時点で当事務所のウェブサイトでは、過去の解決事例は書いておりません。